壁画

15年ぶりに再会したスイスの美しい友人は古くて大きな家を買っていた。
まわりには土地を売り渡した新築が並ぶ。
一方彼女の家は根を下へのばしつづけている。
内装を自分だけでこつこつと仕上げてゆく姿は、あちら側へ何が何でも渡る必要があるために足場悪くとも橋を建設しているみたいでたいそう逞しかった。
その一角にひらく古着屋の壁を絵にわけてくれた。
とにかく何でもいい。自由に描いたらいい。楽しんで。という自由さのなかを、枝で休憩することなくぱたぱた2日間飛翔して愉しかった。
壁に描くのは快感で、目の前の湖に飛び込むのも快感だった。

2017.08.10